アイウォレットの解約について

アイウォレット

アイウォレットの解約をしたい人「アイウォレットの口座を解約するにはどうしたらいいの?口座の解約にはお金がかかる?」

こういった疑問はありませんか?

今回はアイウォレットの口座解約方法について解説していきます。口座解約に必要な手数料や、無料で口座解約をする条件についても解説します。

「アイウォレットの口座を解約したいな~」という方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

アイウォレットの解約方法

アイウォレットの解約をしたいときは、サポートセンターへ解約希望の連絡をするだけでOK。

手順1

アイウォレットにログインし、サポートページを開きます。

手順2

件名に「口座解約希望」と記載し、本文内に「口座を解約したい旨」「あなたのアイウォレットの口座番号」「あなたの名前」の3点を記載し、送信。

手順3

解約して問題ないかの確認メールが届くので、「解約で大丈夫」と返信しましょう。

以上で、解約申請した口座の解約手続きは完了です。むちゃくちゃカンタンですよね。

アイウォレットの解約手数料について

アイウォレットの解約には$5の手数料が必要です。

なので、アイウォレットの解約手続きを始める際は口座に$5だけを残しておきましょう。

注意点

最終取引から180日間経っても何も入出金がない場合、そのアイウォレット口座は「休眠口座」とみなされ、年間$20の維持手数料がアカウントから請求されます。

なので、使わなくなったアイウォレットの口座は放置するんじゃなくて、解約しておかないと損しちゃいます。

取引実績のない口座解約は無料でできる

アイウォレットの口座を開設してから、結局一度も使用することなく解約をする場合は一切手数料が発生しません。

解約の手順は、通常の解約手続きと同じようにサポートページから解約希望の連絡でOKです。

まとめ

  • アイウォレットの解約はサポートページから
  • 解約には$5の手数料が必要
  • 休眠口座は$20の手数料が発生する
  • 実績のない口座は無料で解約ができる

アイウォレットの解約は、むちゃくちゃカンタンにできます。

使わなくなったからといって、残高のある口座を180日以上放置しちゃうと休眠扱いで年間$20の口座維持手数料がとられるので注意が必要です。

「別の決済サービスがメインだからアイウォレットは使わなくなった!」という方は、めんどくさがらずにアイウォレットの口座は解約しておきましょう。

万が一また使いたくなったら、改めて申し込めばいいだけですからね。

アイウォレットの解約はサポートページから申請するだけでカンタンにできますので、アイウォレットの解約をしたい人はサクッと終わらせときましょう!

人気記事 オンラインカジノおすすめサイト10選【2020年版】