徹底的にシンプルで分かりやすい!
オンラインカジノポータルサイト

オンラインカジノおすすめ徹底比較!【2022年最新版】

ラッキーニッキーのJCB入金!入金方法・手数料・限度額や出金方法・注意点まで徹底解説

ラッキーニッキー

ラッキーニッキーでJCBが使えるか知りたい人「ラッキーニッキーはJCB入金に対応してる?入金の具体的な手順や、使える出金方法はどんな感じ?JCB入金する上で、知っておいたほうがいい注意点とかある?」

こういった疑問に答えます。

今回の内容

ラッキーニッキーはSkillOnNet Ltdが2017年から運営している「運営開始以降、悪質な出金拒否なし」「日本人スタッフによる丁寧なサポート対応」「日替わりプロモで毎日オトクに遊べる」といった特長をもつオンラインカジノです。

キャンペーンやプロモーションの充実度に定評があり、マルタライセンスの安心感のもと、お得に遊べるゲーム環境が多くのプレイヤーから高い評価を集めています。

チャーリー「今回はそんなラッキーニッキーのJCB入金について、一緒にみていきましょう。」

本記事を読めば、ラッキーニッキーにおけるJCB入金の基本情報はバッチリです。疑問点が解決したら、お手持ちのJCBで早速入金してみましょう。

30ドルの入金不要ボーナスあり

当サイト特典として、これからラッキーニッキーの無料登録する方は、30ドルの入金不要ボーナスがもらえます。

JCB入金の前に、ラッキーニッキーのお試し資金として、ぜひお使いください。もらい方や出金条件などの詳細は下記記事で解説しています。
» ラッキーニッキー$30入金不要ボーナス

ラッキーニッキー以外の入金不要ボーナス(登録ボーナス)がもらえるオンラインカジノは» 入金不要ボーナス(登録ボーナス)がもらえるオンラインカジノまとめ【最新版・随時更新中】をご参照ください。入金不要ボーナスを使えば、ノーリスクでオンラインカジノが遊べます。

ラッキーニッキーのJCB入金の基本情報

JCB入金の基本情報まずはJCB入金の基本情報をみていきましょう。

JCB入金の限度額・手数料・反映時間

最低入金限度額 10ドル
最高入金限度額 5,000ドル
入金手数料 無料
入金反映時間 即時

上記のとおり、1回あたり10ドルの少額入金から5,000ドルの高額入金に対応しています。複数回の入金申請をすることで、5,000ドル以上の入金も可能です。

1週間あたり7,000ドル、1ヶ月あたり10,000ドルが入金上限額になるので、月間10,000ドル以上の入金をしたい方は下記カジノもチェックしてみてください。
» コニベットのJCB入金
» ミスティーノのJCB入金

入金にあたって、ラッキーニッキー側での手数料は一切かかりません。

アカウント残高への反映は、入金申請が完了したら即時反映なので、ゲームもすぐに楽しめます。

チャーリー「30分以上経っても入金が反映されない場合は、サポートセンターへ問い合わせましょう。」

JCB以外の入金方法については» ラッキーニッキーの入金方法で解説しているので、他の決済手段も使うかもしれない方は、あわせてご覧ください。

JCB入金した場合に使える出金方法

JCBを含めて、クレジットカード入金して獲得できた勝利金は、下記の出金方法で引き出すことができます。

JCB入金時に使える出金方法

ラッキーニッキーでは、残念ながら「JCB入金 → 銀行送金で出金」ができないので、銀行送金での出金を考えていた方は、JCB入金時にも銀行振込での出金ができる下記カジノをチェックしてみてください。
» コニベットのJCB入金
» ミスティーノのJCB入金
» クイーンカジノのJCB入金

ちなみに、銀行送金が使えるオンラインカジノは» 銀行振込の入出金に対応しているオンラインカジノまとめ【最新版】知っておきたい注意点もありでまとめていますので、電子決済サービスのアカウントを持っていない方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

ラッキーニッキーのJCB入金方法は3ステップ

JCBの入金方法ラッキーニッキーのJCB入金手順は下記の3ステップです。

  • ステップ① 入金画面へ移動する
  • ステップ② JCBを選択する
  • ステップ③ 入金金額を入力する

ステップ① 入金画面へ移動する

まずはラッキーニッキーにログインし、「入金」をタップして入金画面へ進みます。

登録がまだの方は» ラッキーニッキーの登録方法で解説している手順を参考に、まずは無料登録からどうぞ。当サイト特典として、今なら30ドル入金不要ボーナスがもらえます。

ステップ② JCBを選択する

入金方法に「JCB」を選びます。

ステップ③ 入金金額を入力する

項目 入力内容
カード所有者名 カードの名義人をローマ字で入力します
カードナンバー 16桁のカード番号を入力します
有効期限 カードの有効期限を月/年で入力します
CVV番号 カード裏面に記載の3桁の数字を入力します

入金したい金額と上記項目を順番に入力していき、最後に「送信」をタップします。

以上で、ラッキーニッキーへのJCB入金は完了です。

ラッキーニッキー【公式】

ラッキーニッキーでJCB入金するときの注意点

JCB入金の注意点JCBで入金するにあたって、いくつか注意点があります。

  • 本人名義のJCBカードしか使えない
  • カード画像の提出が必要
  • 入金できない場合がある

上記のとおりでして、順番に解説します。

本人名義のJCBカードしか使えない

JCB入金にあたっては、ラッキーニッキーに登録した名義と同じ名義のJCBカードしか使えません。

当たり前といえば当たり前ですが、クレジットカード悪用防止の観点からも、他人名義のJCBカードで入金はできません。
ちなみにJCBだけでなく、AMEXやVISAなど他のクレジットカードも同様でして、あくまで本人名義のクレジットカードのみ使用OKです。

たとえ、家族であっても別名義のJCBカードでは絶対に入金できないのであしからず。

カード画像の提出が必要

ラッキーニッキーは本人確認(KYC)必須のオンラインカジノなので、出金前にカード画像の提出が必要です。

チャーリー「面倒ですが、意外とすぐできるので、サクッと終わらせていきましょう。」

カード画像の撮影方法

まずは、JCBカードの両面をスマホでそれぞれ撮影していきます。

セキュリティー上、付箋などの紙で下記部分を隠して撮影しましょう。

付箋で隠す場所

表面 裏面
カード番号の最初の6桁と最後の4桁以外
(例:1234 56×× ×××× 4567 → ×の部分を隠す)
署名欄横の3桁のセキュリティコード

表面と裏面、いずれの撮影をするときも、カードの四隅が画面にしっかり収まるように撮影します。また、裏面に署名を書いていない方は、署名を書いてから撮影しましょう。

カード画像の提出方法

JCBカードの両面が撮影できたら、画像を下記の手順で提出していきます。

マイアカウント → アカウント設定 → 書類をアップロード

画像が提出できたら、ラッキーニッキー側で順次、確認作業が進んでいきます。

本人確認(KYC)不要で遊びたい方へ

「カードの画像を提出するのはちょっと心配、、、」という方は、» 本人確認不要で入出金できるオンラインカジノまとめ!注意点もありで紹介している本人確認がいらないオンラインカジノがおすすめです。

カード画像だけでなく、本人確認書類や住所確認書類を提出しなくても入出金できるオンカジをまとめてますので、匿名性の高いオンラインカジノで遊びたい方は、どんなオンカジがあるかをぜひご確認ください。

入金できない場合がある

これを言っちゃ元も子もありませんが、お手持ちのJCBカードでそもそも入金ができないケースもあります。

なぜなら、カード決済会社は「ギャンブルサイトでのカード利用」を基本的に良く思っていないからです。JCBに限らず、VISAやAMEX、マスターカードなど、他ブランドのクレジットカードでも同様でして、「クレジットカードの決済会社とオンカジ側の決済会社の相性」は入金できるかどうかに大きく関係してきます。

もしお手持ちのJCBで入金ができない場合は、残念ながらカード発行元の決済会社とラッキーニッキーの相性が良くない、と思って間違いありません。

この場合は、別の入金方法で入金するか、下記記事で紹介している別のオンカジでJCB入金をしてみましょう。
» JCBが使えるオンラインカジノまとめ【最新版】入金限度額・手数料の一覧もあり

まとめ

前述の注意点を踏まえつつ、本記事で紹介した手順のとおり入金することで、迷うことなくスムーズにJCB入金できます。

最後にもう一度、今回の内容をおさらいします。

ラッキーニッキーのJCB入金のポイント

  • 即時反映ですぐに遊べる
  • 銀行送金での出金はできない
  • 本人確認を済ませておくと初回出金もスムーズ

手軽で便利なJCB入金ですが、クレジットカード入金全般は、体感的に年々使えなくなってきているイメージが正直あります。

とはいえ、入金手段としての利便性は依然として高いので、使える間はどんどん活用していきましょう。

チャーリー早速、JCB入金してみましょう!

\ 無料登録は2分でOK! /
ラッキーニッキー公式サイトをみる
マルタライセンスで信頼性◎
 

JCBが使えるオンラインカジノはラッキーニッキーの他にもあります。

JCBが使えるおすすめオンラインカジノは» JCBが使えるオンラインカジノまとめ【最新版】入金限度額・手数料の一覧もありでも紹介していますので、ぜひこちらもあわせてご覧ください。


» 参考:JCB